TOPICS

「熊本ビューストピンディーズ」としての新体制決定

元 オムロン/韓国代表 ホン ジョンホ氏がヘッドコーチ(新監督)就任

2024-25シーズンから名称を「熊本ビューストピンディーズ」と改めるオムロンピンディーズ(本拠地:熊本県山鹿市、GM:勝田祥子)は、数々の国際大会でタイトルを獲得した元韓国代表 ホン ジョンホ氏をヘッドコーチ(新監督)に迎え、11年振りの日本リーグ制覇を目指します。

 

ヘッドコーチに就任したホン ジョンホ氏

 

 

ホンヘッドコーチは、高校時代から韓国代表に選ばれ、世界選手権やアジア大会など、数々の国際大会で「世界一」を経験。さらに、ハンドボールの本場、北欧のクラブチームに所属し、2度、欧州No.1クラブにも輝きました。2003~2010年はオムロンに所属し、日本リーグ4連覇を達成しています。2011年に現役を引退した後、J-STAR(ジャパンライジングスター)プロジェクト:*1にコーチとして参加するなど、日本ハンドボール界の発展にも貢献してきました。

オムロンピンディーズ、改め、「熊本ビューストピンディーズ」は、ホンヘッドコーチのもと、8月27日(火)開幕の「高松宮記念杯 第12回全日本社会人ハンドボール選手権大会」(福井県福井市、永平寺町)より新チーム名で出場し、「スポーツの力で、熊本県全体のサステナブルな社会づくりやスポーツ文化の発展に貢献する存在」を目指します。

*1 J-STARプロジェクトとは・・・スポーツ庁、独立行政法人日本スポーツ振興センター、公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本パラスポーツ協会日本パラリンピック委員会が中央競技団体と連携し、オリンピックやパラリンピックなど世界レベルの競技大会で輝く未来のトップアスリートを発掘するプロジェクトです。

 

ヘッドコーチ(新監督) プロフィール 

ホン ジョンホ
氏名
ホン ジョンホ(洪 廷昊/Hong Jeong-Ho)
生年月日
1974年5月6日
国籍
韓国
※今シーズンより、監督を「ヘッドコーチ」と名称変更しました。
選手歴
年度 所属 成績・備考 代表歴
1992 仁川女子高校(韓国) バルセロナ五輪:金メダル獲得 1992~2000 韓国代表
1993~1996 韓国体育大学(韓国)
1993
世界選手権:得点王&優秀選手に選出
アジア選手権:金メダル獲得
1994
アジア大会:金メダル獲得
1995
世界選手権:金メダル獲得
アジア選手権:金メダル獲得
1996.11~1998.2 イズミ(日本)
1996-97
日本リーグ(JHL) :優勝
1996
アトランタ五輪:銀メダル獲得、優秀選手に選出
1998.6~2000.5 ベッケラゲSK(ノルウェー)
1998-99
ノルウェーリーグ:優勝
EHFカップウィナーズカップ:優勝
(現EHFヨーロッパリーグ)
1999
ノルウェーカップ:優勝
1999-00
ノルウェーリーグ:優秀選手に選出
2000.6~2003.5 スラーゲルスFH(デンマーク)
2002-03
デンマークリーグ:優勝
デンマークカップ:優勝
EHFカップ(現EHFヨーロッパリーグ):優勝
 
2003.6~2010.4 オムロン(日本)
2005-06、2006-07、2007-08、2008-09
日本リーグ(JHL):優勝(4連覇達成)
2006、2007、2008、2009
東アジアクラブ選手権:優秀選手(4年連続選出)
2008
北京五輪:銅メダル獲得、得点ランキング3位
2009-10
オムロンの選手 兼 ヘッドコーチ(監督)に就任
2007~2008 韓国代表
2010.5~2011.12 光州都市公社(韓国) 選手 兼 コーチに就任  
指導歴
期間 団体 役職
2009年 オムロン 選手 兼 ヘッドコーチ
2010年 光州都市公社(韓国) 選手 兼 コーチ
ホン ジョンホ ヘッドコーチ コメント

現役時代以来14年ぶりに、熊本(山鹿)に戻ることとなり、故郷へ帰ってきた気分です。
今は不安と期待が入り混じっている状態ですが、選手・スタッフと一緒に乗り越え、優勝という結果でファンの皆さまにハンドボールの楽しさや達成感を感じてもらいたいと思います。ハンドボールに誠実に向き合い、ハードなトレーニングを重ねることは良い結果につながるという信念のもと、これから一生懸命準備していきたいと思います。
ファンの皆さまのご声援が選手の力の原動力となります。会場でともに喜び合い、成長していくチームとなるため努力していきますので、選手たちのプレーに多くの声援と拍手をよろしくお願い致します。

勝田祥子 GM コメント

この度のヘッドコーチ選任にあたり最も重視したことは、チームの武器であるディフェンスからの速攻を継続しつつ、さらにスピーディーな展開へとギアを上げ、「進化と成長、勝利」を追求しながらチームをリードすることができる指揮官を招へいすることでした。
ホン ジョンホ氏は、その条件を満たし、関わるすべての皆さまに「感動」と「驚き(Wao!)」をお届けするチームを構築できると判断し、契約締結に至りました。
ホン氏と私は、14年前チームメイトとして一緒に現役生活を送っていました。選手時代はプロフェッショナルで責任感が強く、韓国代表やクラブで数々のタイトルを獲得しており、月日を経て、またこの様な形で関わることができ、大変嬉しく感じています。
ホン氏が目指すハンドボールスタイルと、選手それぞれが持つスキルやセンスを融合することで起こる化学反応が、今から楽しみです。ゼネラルマネージャーとして最大限サポートしていきます。
ファンの皆さま、特に熊本県、ホームタウンの山鹿市の皆様には、引き続き応援いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

オムロンピンディーズについて

オムロンピンディーズは、熊本県山鹿市を拠点に50年活動してきた女子実業団ハンドボールチームです。
スローガンは「より強く より美しく」。日本ハンドボールリーグの優勝回数は、リーグ最多17回を誇ります。「スポーツの力で、熊本県全体のサステナブルな社会づくりやスポーツ文化の発展に貢献するクラブチームとなることを目指し、2024-25シーズンから、名称を「熊本ビューストピンディーズ」と改め、活動します。
◇新チーム名について:https://pindys.jp/topics/archives/220

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先

以下の、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム